社会連携

#STAY HOME 私たちができること⑤

タッピングタッチによるセルフケア

人間科学部 中川一郎教授

タッピングタッチはシンプルで誰でもできて、不安、緊張、ストレス、不眠などを和らげる効果があります。
新型コロナウイルスの影響によって、様々なストレス症状を経験されている方も多いことと思います。そんな中で、まずはセルフケアでリラックスし、安心と落ち着きを取り戻し、よい睡眠を十分にとることをお勧めします。
心身を休めることで、自己治癒力や免疫力がアップし、厳しい状況を乗り越えていく活力が戻ってくることと思います。

今回は動画でタッピングタッチを使ったセルフケアの方法を紹介します。簡単に学べてすぐに利用できますので、ぜひお試しください。

画面をクリックしましょう

タッピングタッチとは、ゆっくり、やさしく、ていねいに、左右交互にタッチすることを基本とした、ホリスティック(統合的な)ケアの方法です。
今回はネコの足ふみバージョンをご紹介します。

注意点としては、タッピングタッチはケアの方法であり、治療法ではありません。心身の症状が重い場合などは、専門家に相談して、適切な処置や治療を受けましょう。
また、思う以上にリラックスすることもありますから、車の運転中などには行わないようにしてください。