お知らせ・ニュース

ニュース

2021年度の授業実施方法について

2021年01月20日(水)

 

【在学生および入学予定者の皆さまへ】


2021年度の授業実施方法について

学長 山本俊一郎

生き続ける学びを つながる力で 創発する
 大阪経済大学では、2021年度を迎えるにあたり、皆さまにどのような教育・研究の環境を提供すべきかを考えてきました。検討にあたっては、大阪経済大学は、ミッションでもある「生き続ける学びが創発する場」であることを念頭に、対面で学生同士や学生と教職員がつながり、居心地の良い学びの場を利用しながら、学習・研究や各種の活動を行うことと感染拡大を防止することを両立させ、それぞれの状況に応じて学びに参加できる条件を維持することが重要であると考えました。
これを実現するために、2021年度は以下の授業形式で実施することにしました。

 私たち大阪経済大学では、皆さまが置かれている多様な状況を考慮しながら、学内外で紡いできた「つながる力。」を発揮して「生き続ける学びを」を創発していきます。

原則、対面授業とします
 2021年度春学期の授業は、感染防止に努め、キャンパス内での対面授業をします。多くの学生にキャンパスを中心とした「創発の場」を提供し、リアルなつながりを重視します。
 ただし、多人数となる科目についてはWEB 授業とします。これら各科目の授業実施形態はシラバスに記載し公開します(新型コロナウイルスの感染状況によっては、この方針を変更する場合があります)。

キャンパス内での感染防止対策の徹底
 教室配置は履修者数に基づき行い、身体的距離を1m程度確保できる座席配置とし、窓の開閉による換気や、空調設備の改修により、文部科学省の衛生管理マニュアルに即した環境を提供します。

 また、手洗い場の増設や足踏みアルコール噴霧器の設置など、衛生面での配慮も行い、感染拡大防止に努めます。

ICT環境の向上
 キャンパス内で安定的にWi-Fi接続ができるように、アクセスポイントをさらに充実していきます。また、チャットボット(AI)導入や、オンライン相談の受付などを含め、離れていても「つながる」体制を引き続き行っていきます。
 なお、皆さまにおかれましても、オンライン授業を受講するための環境(パソコン、ネットワーク環境等)を確保するようにお願いいたします。

 学生と教職員が出会い、ともに時間を過ごす空間をつくり、多様な考え方、生き方と触れる創発する場となることを目指していきます。