日本経済史研究所

蕭文嫻 (シウマンハン)

蕭文嫻 (シウマンハン)

〔専門分野〕中国金融史、国際金融史

〔研究課題〕近代中国と国際経済との関係、近代中国の貨幣システムの変容

〔最終学歴〕京都大学大学院経済学研究科博士課程

〔取得学位〕博士(経済学)

〔研究業績〕
〈共著〉
「香港」(国際銀行史研究会編『金融の世界現代史』、一色出版、2018年、311-37頁)

Man-han Siu, ‘British Banks and the Chinese Indigenous Economy: The Business of the Shanghai Branch of the Chartered Bank of India, Australia and China(1913-37)’ in Hubert Bonin, Nuno Valério and Kazuhiko Yago ed., Asian Imperial Banking History,London:Pickering and Chatto Publishers, 2014, pp.93-119.

「香港上海銀行ロンドン店 1875-1889―David McLean Papers の検討を通じて」
(
西村閑也、鈴木俊夫、赤川元章編『国際銀行とアジア 1870-1913』、慶応義塾大学出版会、2014年、61947)


「香港上海銀行ハンブルク支店 1890-1913年」
(西村閑也、鈴木俊夫、赤川元章編『国際銀行とアジア 1870-1913』、慶応義塾大学出版会、2014年、649-84頁)


「中国」(国際銀行史研究会編『金融の世界史』、悠書館、2012年、298-332頁)

〈論文〉
20世紀初頭の中国通貨システムの変容銀元鋳造および銀元流通の検討を中心に
(『社会経済史学』814号、20162月)

1930年代における中国と国際金融センター――チャータード銀行の外国為替業務を中心に」

(『大阪経大論集』第663号、20159月)

「外国銀行と中国の現地経済(1913-37年)チャータード銀行上海支店の業務を中心に」
(『大阪経大論集』第643号、20139月)

横浜正金銀行上海支店(1900-1913)―香港上海銀行、チャータード銀行との比較を通じて」
(『経済史研究』第14号、2011年)

「中国幣制改革と香港上海銀行」(『経済史研究』第12号、2009年)

「清末上海金融市場の形成における伝統金融機関の役割」(『経済史研究』第9号、2005年)

「清末上海における事業投資とその資金調達―ゴム株式恐慌(1910)に至る過程を中心に」
(『社会経済史研究』635号、1998年)

「香港上海銀行と中国政治借款の展開(1)―1875年の清国政府第一次国債発行を中心に」
(『経済論叢(京都大学経済学会)』1613号、1998年)

「香港上海銀行と中国政治借款の展開(2)―1875年の清国政府第一次国債発行を中心に」
(『経済論叢(京都大学経済学会)』1621号、1998年)



〔最近の動向〕
 政治経済の大きな転換期にはつねに新しい制度および組織の出現・整備が強く関わっています。制度的な発展は高度な政治的プロセスであり、利害の再配分とつながります。19世紀末から20世紀初頭の中国において、厳しい財政困難を契機に財政金融分野における近代的な銀行制度などの変革が導入されました。私は、こうした金融システムの改革に対して、これまで中国に進出した外資系銀行がどのように対応し、その対応が中国金融にどのような影響を与えたかについて研究しています。現段階ではこれまで発表した諸論文を著書としてまとめることに取り組んでいます。
 また、昨年、日本金融学会大会での報告をもとに、「中国・香港間の金融関係(1949年-2018年)―香港に進出した中国系銀行の発展を中心に」(『大阪経大論集』70巻3号)という論文を発表しました。この研究を通して中国の対外金融政策の実施において、在香港の中国系銀行がいかに大きな役割を果たしてきたかを強く認識しました。今年も引き続き中国と香港間の金融関係の研究を行なうつもりです。

(2020年5月)