中小企業診断士登録養成課程

マーケティング戦略(製造業)営業マネジメント

マーケティング戦略(製造業)営業マネジメント

担当講師 : 芳賀麻誉美

演習のテーママーケティング戦略(製造業)営業マネジメント
目標・製造業のマーケティング戦略策定のための的確な分析ができること。
・特にBtoBビジネスにおけるマーケティング戦略策定ができること。
・マーケティング戦略に則したマネジメントの進め方を具体的に提案できること。
準備学習・本講義では受講者による主体的な参加が求められる。具体的には、指定した文献の事前解読や講義内でのケース討議・分析、プレゼンテーションやレポーティングを求める。
・各回の受講に必要な事前準備や提出物がある場合には、必ず実施すること。
評価方法・レポート60%
・授業への貢献度40%(発表内容や議論への参加度合いを評価)
演習の構成
(標準時間)
1.生産財マーケティングの基本概念(1.5時間)
①ビジネスマーケティングの特徴と分類
②生産財の購買の特徴
③生産財マーケティングの特徴
2.マーケティング戦略策定(6時間)【双方向】
①消費者の購買行動と意思決定プロセス
②関係性の構築とマーケティング
③製品開発のための情報の収集
④製品開発のための情報の分析
3.マネジメント(4.5時間)
①マネジメントとは
②マネジメントとマーケティング
③営業マネジメント
4.発表・講評・振り返り(1.5時間)
学習のポイント1.生産財の特徴を理解し消費財マーケティングとの相違を理解する。
2.生産財における消費者の購買行動と意思決定プロセスを土台とし、関係性構築やマーケティング戦略の取組みを学ぶ。また、マーケティング戦略策定のために必要となるリサーチ方法について学習する。これより、応用能力を涵養する。
3.マーケティング戦略を推進するための組織やプロセス、そして戦略に適したマネジメントについて事例を交えながら学習する。
4.発表 - 講師講評 - 振り返り
留意点1.「マーケティング戦略(流通業)」との関連性が高いのでしっかりと学習し、また復習をしておくこと。
2.グループワーク、ディスカッション、個別演習を組み合わせた事例分析を進める。
教材当分野で学んでおくべき古典的事例の他に、中堅・中小企業(期)における事例を数社取り上げる。