学校法人大阪経済大学 コンプライアンス行動指針

学校法人大阪経済大学 コンプライアンス行動指針

2021年1月26日制定

 学校法人大阪経済大学(以下「本法人」という)の役員および教職員(以下「教職員等」という)は、高等教育機関としての社会的責任と公共的使命を深く自覚し、高い倫理観と社会的良識をもって、法令、本法人諸規程、教育研究固有の倫理その他の規範を遵守し、公平、公正かつ誠実に行動します。
 本法人および教職員等が広く社会からの信頼を確保していくために、教職員等が本法人の運営にかかる諸活動のあらゆる場面において守るべき行動指針をここに定めます。

1.有為な人材の育成
私たちは、建学の精神「自由と融和」および教学の理念「人間的実学」に基づいて、教育・研究に真摯に取り組み、社会から求められる人材の育成に努めます。

2.法令等の遵守
私たちは、高等教育機関としての社会的責任と公共的使命を深く自覚し、法令や本法人諸規程、教育・研究固有の倫理その他規範を遵守し、公平・公正かつ誠実に行動します。

3.研究活動のあり方
私たちは、研究倫理および研究に係わる法令や指針等を遵守し、常に正直・誠実に判断し、研究活動の実施および研究成果の発表を行います。

4.健全な職場環境の構築
私たちは、互いの人格・人権を尊重し、差別、偏見およびハラスメントを許さず、教職員および学生が互いに信頼し、安心して学び、働くことができる良好な環境を維持します。

5.ステークホルダーとの関係
私たちは、ステークホルダー(すべての利害関係者)に対して、常に誠実な態度で接し、健全かつ公正・公平な関係を維持します。

6.情報管理
私たちは、個人情報保護や業務上の秘密保持に努め、本法人に対する理解と信頼を確保します。

7.情報開示
私たちは、関係者に対して、教育研究活動や財務状況等を適切に開示します。また、関係者からの意見や情報提供に対しても誠実に対応します。

8.資産等の適正な管理
私たちは、学生等納付金、寄附金および補助金等により法人財政が成り立っていることを認識して、資産および資⾦を適正かつ効率的に管理し、経費の適正な使用に努めます。

9.地域社会への貢献
私たちは、地域社会への貢献や連携を考え、開かれた学校づくりに努めます。また、社会貢献を重要な役割の一つと認識し、教育研究の成果を積極的に社会に還元します。

10.環境への配慮
私たちは、資源の有効活用と環境への負荷を減らす活動を通じて、持続可能な社会の実現に貢献します。

以上