経済史研究会開催のお知らせ

第103回経済史研究会

報 告:浅野 敬一 大阪経済大学経済学部教授
テーマ:1950・60年代アメリカの
             中小企業金融と「ポピュリズム」
~ライト・パットマンの連邦準備制度改革構想を中心に~
 
概 要:
 1950・60年代のアメリカでは、経済全体は好調だったが、中小企業の多くは大企業との格差に直面していた。これに対して、連邦下院議員であったライト・パットマンは、中小企業庁(SBA)の設置をはじめとする中小企業政策にとどまらず、連邦準備制度の抜本的改革を訴えた。ときに過激なパットマンの主張は、「ポピュリズム」との批判も受けたが、単なる大衆迎合だったのだろうか。パットマンの主張と政策の意義を考えたい。(浅野敬一)
 
日 時:2021年10月16日(土)14:00~
形 式:オンライン(Zoom)
 
参加ご希望の方は下記フォームよりお知らせください