学部/大学院・教育内容

スポーツビジネス次世代セミナー

スポーツビジネス次世代セミナー2019

スポーツの未来を変革する革命児は全員集結せよ。


●参加料:無料 

●定員: 各48名(先着順)
お申し込みは、下記の日付をクリックし、参加される日ごとにお申し込みください。なお事前申込がないと参加できません。

お申込み⇒  2/4(月)   2/13(水)  2/14(木)  2/15(金) 

●場所: 大阪経済大学 北浜キャンパス
→受付: 18:30 →講演: 19:00~20:30 
→交流会: 20:30~22:00

※交流会:参加自由/各自、参加費をご負担いただきます。

●お問い合わせ: handa@osaka-ue.ac.jp

●主催:大阪経済大学  人間科学研究科

2/4(月)

溝畑 宏氏

大阪観光局理事長 
元観光庁長官
1960年京都府生。1985年東京大学法学部卒業、自治省入省。
2002年大分県企画文化部長。2004年(株)大分フットボールクラブ代表
取締役。2008年Jリーグナビスコ杯優勝。2010年国土交通省観光庁長官。
2012年内閣官房参与、大阪府特別顧問、京都府参与。2015年大阪観光
局理事長(大阪観光局長)。大阪都市魅力戦略推進会議会長。
2017年大阪府・大阪市IR推進会議座長。

2/13(水)

眞下 昇 氏

ラグビーワールドカップ
組織委員会会長代行
(元日本ラグビー協会副会長)
群馬県立高崎高等学校、東京教育大学でスタンドオフとして活躍後、社
会人、クラブチームでプレー。1969年、エリスクラブ韓国遠征の主務を
務めたあと、プレーヤーを引退。その後、日本協会公認レフリーとして、日本
協会主要試合および国際試合のトップレフリーとして活躍。日本協会レフ
リー委員長を歴任。
1980年に関東協会理事、その後、書記長。1992年日本協会理事に就任したのち、
2001年日本協会理事・会計役、2002年日本協会専務理事を歴任。2005年から
は日本協会副会長、専務理事を兼務。2007年にアジア協会選出IRB理事に就任。
2009年にはアジアで初となるラグビーワールドカップの日本開催の招致に尽力、開催
決定に成功。現在は2019年のラグビーワールドカップ組織員会の理事として開催都市
とラグビー協会のパイプ役を務め、各開催都市での開催準備に奔走する日々を送る。

2/14(木)

海老塚 修 氏

元株式会社電通スポーツ局長
桜美林大学客員教授。1974年慶應義塾大学卒業後電通入社。W杯、世
界陸上、五輪などのスポーツマーケティングを担当。2010年より慶應義塾
大学健康マネジメント研究科教授。現在日本BS 放送番組審議委員、余暇
ツーリズム学会副会長などを務める。著書に『マーケティング視点のス
ポーツ戦略』、『スポーツマーケティングの世紀』、『バリュースポーツ』。日本
ランニング協会認定ランニングアドバイザー。

2/15(金)

飛田 周二 氏

江崎グリコ株式会社 常務執行役員
SCM本部長 生産部門統括・グループ調達部長
1981年に南山大学仏文科卒業後、ネスレ日本株式会社に入社。2年間の
営業経験を経て、1983年よりネスレ日本マーケティング部にてブランドマ
ネジャー、マーケティングマネジャーを歴任。ブランドマネジメントに留まら
ず、新規事業開発、M&A、企業経営の中枢で様々な業務を歴任。担当ブラ
ンドでは、ミロ、ネスカフェ、キットカット等々。新規事業ではニュートリション
事業を立ち上げ。事業経営では、ネスレスノー(株)代表取締役社長(ネスレ
と雪印株式会社のJV)、ネスプレッソ株式会社の運営に携わる。在籍中は、
ネスレUSAでの勤務をはじめ、30才後半以降は、毎年スイス本社での会議
に出席、またヨーロッパ、南北アメリカ、アジア各国へ出張し、世界のネスレを
舞台に仕事を行った。2014年1月に、グローバル化と変革を目指す江崎
グリコ株式会社に入社。常務執行役員として、生産技術、調達、物流部門を
統括するSCM本部長に就任。国内16工場、海外9工場を、これまでにない
マーケティング思考、戦略志向で大胆な変革業務を推進している。