お知らせ・ニュース

ニュース

チアリーダー部 ジーナス 感動とパワーいっぱいのパフォーマンス!

2019年01月08日(火)

第2回単独公演を実現

来場者を笑顔で案内

 体育会クラブの応援には欠かせない存在として親しまれている本学チアリーダー部が12月8日(土)、70周年会館フレアホールにて昨年に引き続き、第2回単独公演を開催。在学生、教職員、卒業生など今年もステージを楽しみに集まった来場者の皆様を、開場受付では体育会本部のスタッフとチアリーダー部員が笑顔で迎えました。

多彩なダンスステージ

学歌斉唱に続き開幕したステージ第1部。野球部、アメリカンフットボール部などの応援風景を披露。総勢28名の部員が客席まで下りて熱演。具体的な場面を想定した元気一杯のパフォーマンスに、会場は大いに盛り上がりました。吹奏楽部とのコラボステージにも大きな拍手が沸き起こりました。
 第2部では、学年別にさまざまなコスチュームの部員たちが、ダンスやパフォーマンスを披露。ヒップホップやKポップなど、ふだんの応援とは違うジーナスの魅力をアピールしました。

引退部員へ温かい拍手

華やかなステージが続く一方、引退する3回生への花束の贈呈はひときわ印象的でした。後輩からの心温かいメッセージに、涙で声を詰まらせる部員も多く、続いて壇上に立った主将が多くの関係者の方々に感謝の言葉を述べ、公演を締めくくりました。観客として訪れたチアリーダー部OGも「一生懸命踊る姿に感動。満ち足りた時間が過ごせました」「すごいパフォーマンス、素晴らしいですね」と喜んでくれました。吹奏楽部メンバーも「いつもの応援風景同様、チアリーダーの皆さんの笑顔が素敵ですね」と嬉しそうでした。仲間とともに会場に詰めかけたラグビー部員は「迫力の演技、ついついひきこまれました」と感動の言葉を語っていました。
閉幕後には、硬式野球部から感謝の気持ちを伝える花束贈呈があり、最後はコーチ、部員みんなで記念撮影を行って感動のステージを締めくくりました。

第2回単独公演を終えて

2018年度主将 田倉 涼花
 この度は学校関係者の皆様、先輩方の皆様のおかげで無事第2回単独公演を成功させることができました。
 今年の単独公演は去年の反省点を生かし、お客様に楽しんで帰ってもらうことを私は大きな目標の1つとしていました。
そのため、単独公演後にたくさんの方から「感動したよ、楽しかったよ」という声を頂くことができ、単独公演のやりがいをさらに感じることができました。
この舞台をやり終えて、改めて部活を続けてきて良かったと思いました。選手として3年、さらに最後の1年は主将として大変なことも沢山ありましたが、部員に恵まれたおかげでここまで続けてくることができました。この3年間の部活生活は私にとってかけがえのない思い出です。3年間本当にありがとうございました。


2019年度主将 牧野田 舞
 今年度チアリーダー部主将を務めさせて頂くことになりました、牧野田舞です。いつも暖かいご声援、ご支援をありがとうございます。
9月頃に次期主将と発表され、正直不安しかなかったのですが、単独公演に向けて日々練習に励むにあたって、チームが今まで以上にひとつになっていき、仲間のたくましさを感じ、不安は自然と無くなりました。私が主将というのは、まだまだ力不足ではありますが、仲間の力を借りて、全ての思いを部員全員で共有し、そして意見を出し合える絆の強いチームにしていきたいと思います。今後のJANUSを楽しみにしていてください!